骨盤ガードルしながら運動やスポーツOK?【加圧トレーニングにはならない】

骨盤ガードルのまま運動したい人
骨盤ガードルを履いたまま運動やスポーツってできるのかな?

あわよくば加圧トレーニングの効果もあったりして・・・

そのへんのことが詳しく知りたいです。

こんな疑問に答えます。

骨盤ガードルは履いただけでスリムに見える、女性にとっての便利アイテムですよね。
できるだけ長く着用していた方がダイエット効果も得やすい」なんていう口コミから、

“フィットネスやジムでの運動も骨盤ガードルのままでやっちゃおう!”

という考えの方も多いのではないでしょうか?

でもちょっと待ってください。
それ、実はあんまりおすすめじゃありません

モリナ
こんにちは、サイト管理人のモリナです。
着圧インナーが大好きで、骨盤ガードルや着圧レギンス、ストッキングなど色々試したりしてます。

どうして骨盤ガードルしたまま運動ってあまりよくないのか?詳しくはこの先でご案内していきますね!

骨盤ガードルしながら運動やスポーツしてOK?→おすすめしません

骨盤ガードルを履いたまま運動するのはおすすめしません。

理由は下記のとおり。

  • 骨盤ガードルは運動用に作られていない
  • 骨盤ガードルは硬くて動きにくい
  • 皮膚とこすれて赤くなったり、ヒリヒリ痛くなる可能性も
  • 骨盤ガードルの持ちが悪くなる
  • 蒸れて気持ち悪い

骨盤ガードルは運動用に作られていない

骨盤ガードルは骨盤矯正効果が期待できる着圧インナーですが、あくまで運動用としては作られていません。

想定していない使い方をするわけなので、運動する時は運動用のウェアを着用するのが一番です。

骨盤ガードルは硬くて動きにくい

骨盤ガードルは多少はストレッチ素材になっているものも多いですが、それでも基本的には硬くて動きにくいです。

運動の種類にもよりますが、本来のパフォーマンスを出せない可能性もあるので、逆に運動効果を減らしてしまう可能性もあります。

皮膚とこすれて赤くなったり、ヒリヒリ痛くなる可能性も

”ジョギングやウォーキングといった軽めのスポーツなら良いのでは?”

と感じるかもしれませんが・・・有酸素運動はある程度長い時間おこなう必要があります。

となると骨盤ガードルと皮膚の境目の部分、つまり太ももの付け根とお腹のあたりがこすれて、赤くヒリヒリしてしまうこともあるでしょう。
ひどい場合は皮がむけてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

骨盤ガードルの持ちが悪くなる

想定していない使い方をすることで、骨盤ガードルのもちも悪くなります。

伸びてしまって本来の着圧効果が半減してしまったり、縫い目がほつれてきてしまうこともあるかもしれませんね。

骨盤ガードルはそれなりに値段のするものも多いので、丁寧に使ってできるだけ長持ちさせたいところですよね。

蒸れて気持ち悪い

骨盤ガードルはメッシュ構造になっていてある程度の通気性は確保されていますが、それでも運動用のインナーに比べたら格段に蒸れやすいです。

汗臭くなってしまったり、素材が劣化してしまう原因となるのでおすすめはできません。

ただ汗をかきたいだけなら、サウナスーツでもいいわけですよね。

骨盤ガードルには加圧トレーニング効果はない

ちなみに骨盤ガードルを履いたまま運動やスポーツをしようという方の中には、「加圧トレーニング」の効果を期待している方もいらっしゃるかもしれません。

でもこれは確実に言えることですが、骨盤ガードルに加圧トレーニング効果はありません

そもそも加圧トレーニングとは?

加圧トレーニングはどういうものかというと、血管を圧迫することで筋肉により負荷をかけ、通常よりも短い時間でトレーニング効果を高めようというものです。

血管を圧迫するので、間違ったやり方をすると体に大きな負担をかけてしまう可能性もあるので、加圧トレーニングをする時は必ず専用のトレーナーの指導のもとで行わなくてはなりません

骨盤ガードルにはもちろん血管を圧迫するような強い着圧力はありませんし、もしあったら大変なことですよね。
というわけで骨盤ガードルを履いたまま運動や筋トレをしたところで、加圧トレーニングのような効果はまず期待できません。

体操やストレッチなら骨盤ベルト【産後の骨盤矯正】

”体操やストレッチならさすがにいいでしょ!”

と思うかもしれませんが、これについてはやはり動きにくさの点から骨盤ガードルはおすすめできません。

むしろ体操やストレッチによって骨盤を矯正したい、という方なら「骨盤ベルト」を使っての体操がメジャーです。

産後の骨盤矯正はママさんにとって大きなテーマですが(私はちゃんとやらなかったので骨盤が歪み、お腹がたるんでしまいました・・・)、あの有名な「トコちゃんベルト」を着用したままの体操・ストレッチ方法があるので参考にしてみてはいかがでしょうか。

骨盤ガードルはファッション・オシャレとして活用しよう(まとめ)

今回は骨盤ガードルを履いたままの運動・スポーツってどうなの?というテーマでお伝えしてきました。

結論をもう一度繰り返すと、骨盤ガードルは運動用に作られたインナーではないのでデメリットが多く、おすすめできません。

あくまでも締め付け効果によるヒップアップ、お腹スッキリ、すらっと太もも効果を得るためのファッション的な要素が強いので、おしゃれアイテムとして使っているのがベストでしょう。

とはいえ、骨盤ガードルにも腰回りのサポート効果によって姿勢が良くなったり歩くのがとても楽になる、という隠れたメリットがあります。
通勤・通学やお出かけ時に着用することでいつもよりも楽に生活できることも多いでしょう。

骨盤ガードルでボディラインをすっきり整えて、自信のあるスタイルを取り戻してみてはいかがでしょうか?おすすめの骨盤ガードルとしてギュギュギュを口コミレビューしています。

よければこちらの記事も参考にしてくださいね。

【画像多め】ギュギュギュの口コミは?骨盤ショーツ(ガードル)履いた効果を大公開!【痩せたw】

2019.06.17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です