ルナベルの避妊効果とは

避妊の主な3つの方法・ピルの錠剤は健康保険証がきく?

避妊の方法は主に3つあります。
まずは女性自身が生理周期を計算する方法です。
いわゆる安全日と危険日を計算しておけば、性行為の計画が立てやすくなります。
特に二人っきりの甘い時間をまだ楽しみたい新婚夫婦などは奥様が手帳やスマートフォンのアプリ等で、生理周期を記録、計算しておいた方が良いでしょう。
安全日に限り、性行為をするスタイルを取れば、膣内射精をしても避妊が可能です。
もちろん完璧な方法ではありませんので、他の方法と組み合わせるが原則になります。

次に2つめの方法ですが、避妊具による妊娠の回避です。
男女両方に専用の避妊具がありますので、それを装着した上で性行為をすれば、精液が膣内部に到達せず、物理的に妊娠を回避可能です。
特にリーズナブルで入手しやすいコンドームは最高の避妊具でしょう。
今ではネットショッピングで買えますので、コンビニ等で恥ずかしい思いをせずに済みます。

そして3つの避妊方法ですが、それはピルという錠剤によるやり方です。
ピルの錠剤を規則正しく飲み続ける事で、妊娠し辛い体質が生まれます。
低用量の錠剤であれば副作用や女性の体調への負担も少なく、また生理周期の管理も同時に進められますので一石二鳥です。
ただ低用量ピルは銘柄等によって健康保険証が使えない事もあります。
更に健康保険証を提示した上で別途検査が必要になりますので、性行為を盛んにする時期の前に、準備しておく必要があります。
健康保険証による負担減が得られれば、お薬代が減りますので、
低用量ピルを常用出来る環境がある方は医院で処方してもらいましょう。
また最近では自己判断に基いてネット上から緊急避妊薬の錠剤を取り寄せられるサービスもありますので、
家庭の事情から医院に行きづらい方などはその方法を考えてみましょう。