ルナベルの避妊効果とは

現在製造されているピルによる避妊とその仕組み

避妊というのは失敗が許されないものですが、日本では多くの場合、避妊のためにコンドームが使われています。しかし、日本で製造された質の高いコンドームであったとしても、失敗の確率というのは意外と少なくはなく、これは製造過程や仕組みになんらかの問題があったというよりも、むしろ製品を正しく使わなかったためという、使う側のミスによるものが多いといえます。ありがちなミスとしては、ゼリーがついた裏表をまちがえて装着したり、爪で破いてしまったりといったものになります。
そこで注目されるのが、我が国でも1999年になって解禁された、避妊用のピルです。現在、避妊用として国内で製造されているピルの大部分が、低用量ピルとよばれるものになっています。
その仕組みですが、ピルのなかには黄体ホルモンと卵胞ホルモンという女性ホルモンが含まれており、これを服用することによって、妊娠してホルモン値が高い状態と同じになるため、身体の方は妊娠したものと思い込んで、排卵などの妊娠にかかわるような営みを停止してしまうのです。このような仕組みによって、ほぼ確実に避妊に成功するというのが低用量ピルのメリットであり、利用する人の割合は着実に増えてきているようすです。
また、ピルには中用量や高用量といった、ホルモンの量がさらに多い、効き目が強力な種類があるにもかかわらず、なぜ低用量ピルが製造されるのかといえば、服用したときの副作用が少ないということが挙げられます。中用量や高用量のピルの服用では、ホルモンの影響によって、吐き気、めまい、頭痛なとが起こりやすかったという反省をふまえて製造された低用量ピルでは、ホルモンが少ない分だけ、こうした副作用が緩和されているのです。