ルナベルの避妊効果とは

避妊薬であるルナベルについて

ルナベルとは、避妊を目的とした薬ではなく月経困難症に用いられる薬になります。低用量ピルの部類になりますが、避妊を目的には使用できず月経による下腹部の痛みや腰痛、イライラや頭痛、吐き気などの日常生活や仕事にまで支障を来してしまう症状を軽くする薬になります。これらの症状は子宮内膜症や子宮腺筋症などの器質的月経困難症と原因となる疾患の無い機能性月経困難症に別れています。ルナベルは女性ホルモンを配合することによって、排卵を押さえて卵巣や子宮を休ませる効果があり妊娠しているような状態を作ることによって生理を軽くして痛みやイライラなどの不快な症状を緩和する効果があります。妊娠しているような状態を作ることによって結果的に避妊が行えるようになりますが、あくまでも月経困難症を軽減するための薬です。薬ですので副作用もあり、吐き気や頭痛、胸の張りや痛み、不正出血などが上げられますが服用初期にはよくある症状のためさほど心配はないとされています。しかし、ごくまれに四肢の脱力や麻痺、下肢の痛みやむくみ、しびれ、突然の息切れや急激な視力低下、ろれつが回らなくなるなどの重篤な副作用が出てしまうケースもありこのような症状が出た場合には使用を止めてすぐ医師に相談することが大切です。重い生理痛で仕事や日常生活がままらないと言う場合、医師に相談することによって軽減することも多くあります。ルナベルを始めとした低用量ピルを用いる場合には、医師の指示通りに服用して正しく使用することによって、重篤な副作用を避けることもできるため、用法用量を守って活用することによって月経困難症の症状を緩和して少しでも生活を楽にすることをおすすめします。

避妊手術の危険性

コンドームやピルなどを正しく使うことで避妊確率はほぼ100%にすることはできますが、それでも絶対に大丈夫と言い切ることはできません。そのため、完全に避妊を希望し、今度の妊娠を全く希望しない場合は、避妊手術があります。手術により卵子や精子の通り道を防ぐことにより受精できなくします。一度手術を受けることで、その後は避妊のために何もしなくて良くなります。女性の卵管結紮術に比べると男性のパイプカットは費用が安く、身体への負担が軽いと言われています。しかし、メリットだけでなく危険性もあります。避妊手術の危険性として、手術費用や身体への負担があります。また、一度手術を行なうと妊娠できる状態に戻すことは困難になるため、とても重大な決断となります。女性の場合は、卵管を縛る卵管結紮術です。卵管を縛ることで、子宮内に卵子が排出されることを防ぐ方法です。術後も排卵や月経はいつも通りにありますが、更年期に似た症状が軽く出る場合もあります。男性の場合は、精管を縛ることにより精子が精液の中に送り出されるのを防ぐ方法です。パイプカットを行っても、精液や男性ホルモンは今まで通りに出るため、女性になることはありません。男性と女性の手術を比較した際、女性の方が負担が大きいです。男性は局所麻酔を使って30分程度で手術が終わるため、日帰りでも可能です。しかし、女性の場合は、手術に1時間程度かかる上に腰椎・全身麻酔が必要となるため入院が必要になります。さらに、危険性や副作用、術後の苦痛も男性はほとんど無いのに対して、女性は、どれもあるため負担が大きいです。また、女性の卵管結紮術の場合は、ごくまれに卵管がつながってしまい妊娠してしまう事があります。

確実な避妊法

2015年の日本で最も確実な避妊法は経口避妊薬=ピルです。飲み始めて1か月以内または継続して飲んでいるが飲み忘れた、という場合以外は100%です。経口避妊薬と言うのは、本来卵巣で卵子が育ち排卵するときに出るエストロゲンとプロゲステロンというホルモンを内服することで、卵巣が休止状態になり、排卵しないため性交渉をもっても妊娠しないという理屈です。基本的には毎日内服するのですが、休薬期間のある21日型と無い28日型に分かれ、どちらもほぼ決まった時間で続けます。最初は月経が開始してから内服を開始するのですが、飲み始め1か月の周期では、低用量のピル特に超低用量のピルは卵巣を抑えきれず排卵してしまうことがあります。このため、飲みはじめ最初の1か月~2か月にかかるまでは避妊効果が100%と言えない時期がありますが、卵巣が休止させてしまえば確実な避妊法と言えます。同じ理由で、続けていても飲み忘れたときには排卵してしまうことがあります。ピルを飲み忘れた場合には、2日忘れたら2日分一度に飲むなどの注意をされますが、シートの最初の列のほうで2~3日飲み忘れると卵巣が働き始めてしまい場合によってはその後ピルを飲んでいても排卵してしまうことがあります。この場合も十分な避妊効果は得られません。ピルの次に確実なのは卵管結紮を行うことです。しかし、卵管結紮の術式によっては卵管が再開通してしまうことがあるので卵管結紮後の避妊効果は99%以上と言われ100%ではありませんが、かなり確実と言えます。緊急避妊ピルは排卵日に性交渉を持ってしまった後72時間以内に内服するものですが、成功率95%では確実と言えないでしょう。
トリキュラーはピルで一番有名
経口避妊薬の効果的な服用